無料ブログはココログ

« 英国貴族の書斎の実態 | トップページ | 澄んだ眼差し »

2010年2月17日 (水)

禅院に題す

Img_0026

  觥船一棟 百分空し

  十載の青春 公に負かず

  今日鬢糸 禅榻の畔

  茶煙軽く颺る 落花の風

   若いころの杜牧は日々宴遊にふけり妓楼に出入りし、風流才子として評判であったが、やがてその彼も中年になった頃の作。「茶煙」とは茶を煎るときに出る煙のことで、その渋み、ほろ苦さが中年のしみじみとした感傷の気分がただよう。この詩から「茶煙鬢糸」という言葉も生まれた。

« 英国貴族の書斎の実態 | トップページ | 澄んだ眼差し »

「漢詩」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 英国貴族の書斎の実態 | トップページ | 澄んだ眼差し »

最近のトラックバック

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31