無料ブログはココログ

« 安藤昌益をめぐる人々 | トップページ | アイルランド叙情詩 一編 »

2010年2月15日 (月)

サマナ生まれの画家シャセリオ

    近代絵画の先駆者テオドール・シャセリオ(1819-1859)の生まれはカリブ海のドミニカ共和国北東部にある港町サマナ(19世紀当時はハイチ)。19世紀初めフランスから独立したものの、ムラートとブードゥ教を信仰する黒人との対立で内乱は続いていた。フランス人のシャセリオの家族が何をしていたかは知らないが、早くパリに帰国し、11歳で新古典主義の画家アングルの弟子になっている。シャセリオの特色は「水浴のスザンナ」をはじめ「エステルの化粧」「クレオパトラ」など官能的な女性美にみとめられる。ハイチでの記憶は無いかもしれないが、異国的趣味は出生地の影響がみとめられる。シャセリオの色彩表現は、のちのモローやシャバンヌに影響を与えた。

« 安藤昌益をめぐる人々 | トップページ | アイルランド叙情詩 一編 »

「文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 安藤昌益をめぐる人々 | トップページ | アイルランド叙情詩 一編 »

最近のトラックバック

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31