無料ブログはココログ

« 何を読むべきか | トップページ | 死刑囚、最後の18秒 »

2010年2月24日 (水)

カルチェラタンとサン・ジェルマン・デ・プレ

Photo

    パリがなぜ文化、芸術の都となったのか。理由はいくつか考えられるが、歴史的にはヨーロッパの知識人、学生が集まる場所だったからだ。14世紀のパリの人口はおよそ15万人ぐらいだった頃、1万人以上の学生がいたといわれている。彼らはヨーロッパ中からやってきたのだが、自国語ではおたがいに話が通じないので、共通語としてラテン語を話した。そのため、高等教育機関が多く集まりパリの第5区と第6区にまたがる地区、いまのソルボンヌ大学のある周辺はカルチエ・ラタン(ラテン地区)と呼ばれている。

    サン・ジェルマン・デ・プレには、哲学書や専門書の版元が集中している。アカデミックな地区は、両大戦をはさんで、若い学生や芸術家がここに集まった。サルトル、ボーボワール、レヴィ・ストロースが実存主義を語った。いまでも夜半すぎてもこのあたりのカフェで議論が続いている。、

« 何を読むべきか | トップページ | 死刑囚、最後の18秒 »

地理」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 何を読むべきか | トップページ | 死刑囚、最後の18秒 »

最近のトラックバック

2019年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31