無料ブログはココログ

« 真の愛とは | トップページ | 安藤昌益をめぐる人々 »

2010年2月14日 (日)

芭蕉「笈の小文」の芸術観

    貞享4年(1690)10月、江戸を出発した芭蕉は、東海道を経て故郷の伊賀上野に帰って越年、翌年伊勢、吉野、高野山、和歌の浦、奈良をめぐり、4月、須磨、明石に至っている。関西には芭蕉の門弟も多く、「笈の小文」の旅は楽しいものだっだろう。「笈の小文」として刊行されたのは、芭蕉死後15年のちの宝永6年(1709)のことであるが、草稿が執筆されたのは元禄3、4年頃であり、「おくのほそ道」旅行後の芭蕉の芸術観をうかがうことができる。

西行の和歌における、宗祇の連歌における、雪舟の絵における、利休が茶における、その貫道する物は一なり。しかも風雅におけるもの、造化にしたがひて四時を友とす。見る処花にあらずといふ事なし。おもふ所月にあらずといふ事なし。像、花にあらざる時は夷狄にひとし。心、花にあらざる時は鳥獣に類す。夷狄を出、鳥獣を離れて、造化にしたがひ、造化にかへれとなり。

    現実生活を風雅の中のみで生きることは、当然のこととして、現実生活はやせて、辛くなっていく。財なく、家庭なく、住まいない現実に甘んじなければならない。このようなつらい現実に対して、造化随順の覚悟を述べたものであろう。

« 真の愛とは | トップページ | 安藤昌益をめぐる人々 »

「日本文学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 真の愛とは | トップページ | 安藤昌益をめぐる人々 »

最近のトラックバック

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31