無料ブログはココログ

« 徳川家康と山岡荘八 | トップページ | 江戸川乱歩「心理試験」 »

2010年1月28日 (木)

つんどく礼讃

Photo

    野口米次郎はロンドン滞在中、毎夕4時の時計がなると、雨でも晴れでも下宿を飛び出し、軒並みに古本屋の店先をあさり歩くのを日課とした。しまいにはどこの本屋の何番目の書棚には、何という本があるか、本屋のおやじよりもくわしくなったという。そのころのことを述懐して「この道楽はかならずしも知識欲からばかりではない。書物に対する強烈な愛着心からでたもので、書物のにおいをかぎ、装丁をながめただけで喜んだものだ」と言っている。元来「つんどく」ということばは、まじめな読書家からは軽侮の念をもってみられるかもしれないが、それを読まなくても、その中からかもしだされる、雰囲気に陶酔することも、愛書家の三昧境というものであろう。

« 徳川家康と山岡荘八 | トップページ | 江戸川乱歩「心理試験」 »

「書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 徳川家康と山岡荘八 | トップページ | 江戸川乱歩「心理試験」 »

最近のトラックバック

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31