無料ブログはココログ

« 貝がらを持つニンフ | トップページ | なんと(710年)見事な平城京 »

2010年1月 7日 (木)

携帯の画像撮影の危うさ

Img_0017_2

    東京メトロ・表参道駅。若い女性たちが必ず立ち止まって携帯で撮影していく場所がある。人気グループ嵐が主演するドラマ「最後の約束」の大きなポスターが貼っている。ちょっと恥ずかしい上半身裸だけれど現代の女性は平気なのだ。「立ち止まらないでください」というアナウンスも馬耳東風。撮った画像は友達に転送するのだろうか。いまではありふれた光景。空港で韓流スターが来日すれば、携帯を持った女性たちであふれる。数年前に「女性の品格」がベストセラーになったが、みんながやれば平気。「はしたない」「つつしみがない」という感覚はゼロである。大人の女性がこのようであるから、子供たちの世界はもっと危ない。今日の朝日新聞に「子供の携帯、各国でも悩み」米国では子供の裸の画像がやりとりされ、いじめや自殺につながっているという。日本でも児童の猥褻画像を集めている教師が逮捕されたという嘆かわしい話が頻繁にニュースとなっている。携帯はほとんどの人が持っているが、便利さとひきかえに自分を亡ぼす人たちが哀れだ。ケペルは携帯を持っていない。おそらく一生持たずに死ぬだろう。携帯でテレビを見たり、写真を撮ったりすることには興味がない。

« 貝がらを持つニンフ | トップページ | なんと(710年)見事な平城京 »

「携帯・デジカメ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 貝がらを持つニンフ | トップページ | なんと(710年)見事な平城京 »

最近のトラックバック

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30