無料ブログはココログ

« 黒川雪「悪魔降臨」 | トップページ | 伊予人物誌 »

2010年1月19日 (火)

つり橋

   石坂浩二主演のドラマ「わが青春のとき」。恋人の樫山文枝が新聞で首木病が流行している記事を読む。山奥の寒村だが、そこへいけば医師の石坂に会えるのではないかと、山を越え谷を渡り村へ行く。つり橋で二人は再会する。だが石坂は首木病のことが夢中で、ここまで苦労してやってきたのに全然、樫山には無関心の様子。あの「つり橋」はどこだろう。いまでもあるのだろうか。二人の出逢いと別れが切ないシーンがある。電車での別れのシーンも良かった。樫山が「気持ちがあるのか、ないのか、答えて」という。石坂は、冷えた電車のガラス戸に一言「ある」と指で書く。あのころの役者さんの真面目な演技に好感がもてる。時代は変わり、青年が青年でなくなった。すくなくともテレビ・ドラマで見たかぎりでは、日本人は明らかに変化した。朝、「ウェルかめ」を見る。恋人の父親に国広富之が出演している。「岸辺のアルバム」の青年もお父さん役が似合う年齢となった。息子とはうまくいっていない様子。なにやら、「岸辺のアルバム」を思いださせる。国広くんの頭の中には、杉浦直樹の演技がどこかにあるのかもしれない。

« 黒川雪「悪魔降臨」 | トップページ | 伊予人物誌 »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 黒川雪「悪魔降臨」 | トップページ | 伊予人物誌 »

最近のトラックバック

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30