無料ブログはココログ

« 魁皇は太刀山をめざせ | トップページ | 龍馬脱藩 »

2010年1月13日 (水)

クリント・イーストウッド

    映画雑誌「キネマ旬報」恒例の2009年日本公開のベストテンが発表された。外国映画ではクリント・イーストウッドの2作品が挙げられている。第一位の「グラントリノ」と第五位の「チェイサー」。クリント・イーストウッドはテレビ「ローハイド」のカウボーイとしてお茶の間で知られた俳優だ。マカロニ・ウエスタン、ダーティ・ハリー、マディソン郡の橋とイメージを変化させてきた。あれから50年。俳優だけでなく、政治活動も盛んで、イラク戦争に反対したり、映画の過激な描写を規制する法案に反対したりしている。また「父親たちの星条旗」「硫黄島からの手紙」で米国と日本との相互理解の促進に貢献したとして、日本で再び人気がたかまってきた。意外にも煙草は吸わないし、ベジタリアンだそうだ。知日家なのは黒澤映画を通じて、日本の文化に敬意が生まれたのかもしれない。ともかくも虚飾の町ハリウッドが生んだ異色スターは偉大な映画人となったことだけは間違いない。

« 魁皇は太刀山をめざせ | トップページ | 龍馬脱藩 »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

ここまで俳優として監督として地位を保つ人は珍しい。最近、84歳にして新恋人との映像が流れ、これがまた似合ってる…いつまでも元気、現役で才能を発揮する秘訣かな…。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 魁皇は太刀山をめざせ | トップページ | 龍馬脱藩 »

最近のトラックバック

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31