無料ブログはココログ

« 天皇は神聖にして侵すべからず | トップページ | 八白土星と二黒土星 »

2009年12月16日 (水)

熊谷直実が出家した原因とは

    浄土宗・熊谷寺には、その名のとおり熊谷直実の木像が安置されている。鎌倉時代初期の武将・熊谷直実(1141-1208)は須磨・一ノ谷の戦いで先陣をつとめ、平敦盛の首を討ち取り、武士道の悲劇を身に沁みて知り、菩提を弔うために出家したという哀話は、「平家物語」や浄瑠璃「一谷嫩軍記」などで名高い。しかし、本当の出家の理由はなんであろうか。建久3年(1192)、久下直光と所領を争って、答弁のふてぎわから頼朝に疑われたことを憤慨し、出奔して京都へ行き、法然の弟子となって、蓮生と称したという。一ノ谷の合戦から8年後のことである。

« 天皇は神聖にして侵すべからず | トップページ | 八白土星と二黒土星 »

「日本史」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 天皇は神聖にして侵すべからず | トップページ | 八白土星と二黒土星 »

最近のトラックバック

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31