無料ブログはココログ

« 恵美押勝と栄山寺八角堂 | トップページ | 自殺防止対策を急げ »

2009年12月 1日 (火)

四天王の二態

    四天王像は須弥壇の四隅に本尊を守護するかたちで安置される。右手に三叉戟を持つ持国天が東方を、両手で三叉戟をにぎる増長天が南方を、右手に筆を左手に経巻を持つ広目天が西方を、宝塔を持つ多聞天が北方をそれぞれ固めている。四天王のうち多聞天のみは毘沙門天とよばれ、福徳富貴の神として独自の信仰を得ている。

     持国、増長の二天は激しく相手を威嚇する姿であるが、広目・多聞の二天は、仏の静な叡智がうちに秘めていることを現している。このように仏敵の降伏をちかう四天王の形態には、内面的なものと外面的なものとの二態があるといえる。

« 恵美押勝と栄山寺八角堂 | トップページ | 自殺防止対策を急げ »

「宗教」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 恵美押勝と栄山寺八角堂 | トップページ | 自殺防止対策を急げ »

最近のトラックバック

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30