無料ブログはココログ

« 映画はアイデア勝負!!「電送人間」 | トップページ | 恐怖のメロディ »

2009年12月10日 (木)

アン王女とジョーの再会

Img_0015
 ジョージ・スティーブンス監督(右)を祝う式典でオードリーとペックの再会があった

    1951年に渡米したオードリー・ヘプバーンは女流作家コレットに認められて舞台「ジジ」の主役を演じることになった。翌年「ジジ」を見たウィリアム・ワイラーが新作「ローマの休日」のヒロインに選んだ。相手役にはケーリー・グラントを考えたが、無名の新人女優だったので、ケーリーは断わった。当時グレゴリー・ペックは若い頃ニューヨークの劇団員時代に知り合ったヘア・ドレッサー、グレタ・クッコネンとの離婚が成立し、フランス人記者のヴェロニク・パッサーニと恋愛中だったので、ロケ地がローマと聞いて引き受けた。1952年の夏の暑い盛りにロケが行われ、翌年映画は公開された。予想外の大ヒットでこの映画1本でオードリーは世界のスターとなった。オードリーはイギリス人との結婚のため花嫁衣裳まで用意していたが、婚約は破棄せざるをえなかった。共演のペックから紹介されたメル・フェラーと、舞台「オンディーヌ」で共演する。その後、ペックとオードリーの映画での共演は一度もなかった。

« 映画はアイデア勝負!!「電送人間」 | トップページ | 恐怖のメロディ »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 映画はアイデア勝負!!「電送人間」 | トップページ | 恐怖のメロディ »

最近のトラックバック

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30