無料ブログはココログ

« 新選組テレビヒーロー全員集合 | トップページ | 映画はアイデア勝負!!「電送人間」 »

2009年12月10日 (木)

張良の仙人志願

    留侯張良は、漢室創業なるや、病と称して引退し、食事をしない。張良が言うには、「わたしの家は代々韓の宰相であったが、秦のため亡ぼされたので、仇討をすることができた。かくして今は舌先三寸をもって帝王の軍師となり、一万戸の封地を拝領して列侯になっている。平民にとって、これ以上の栄達はない。あとは俗世を捨てて、赤松子のように仙界で遊びたい」と。赤松子とは神農時代の仙人だそうだが、詳しいことはわからない。水玉という水晶からつくる妙薬で体を鍛えたのち、炎に身を投じ、全身を焼きつくして神仙となった。さらに崑崙山で修行をかさねた。炎帝(神農)の末娘が赤松子を追ってきたので、娘にも水晶を飲ませて尸解を施し、2人は天に昇っていった。張良は栄達を遂げた人のお手本のような人物だ。

« 新選組テレビヒーロー全員集合 | トップページ | 映画はアイデア勝負!!「電送人間」 »

「世界史」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 新選組テレビヒーロー全員集合 | トップページ | 映画はアイデア勝負!!「電送人間」 »

最近のトラックバック

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30