無料ブログはココログ

« 倭国の制度を理解することは難しい | トップページ | 天皇陛下ドタバタ会見 »

2009年12月15日 (火)

職業はプロレスラー

   「リチャード・キンブル。職業、医師」というナレーションで始まるTV「逃亡者」のモデルとなったサム・シェパード。無実となって45歳で選んだ職業はなんとプロレスラーだった。

  1954年の独立記念日、オハイオ州クリープランド郊外のエリー湖に面した高級住宅地で殺人事件が起こった。被害者は医師の妻マリリン・シェパード。事件は偏見に満ちたマスコミの過熱報道によって、証拠は不十分だったにも関わらず、夫のサム・シェパード(1923-1970)は殺人罪で有罪となった。再審請求は何度も却下されたが、12年後の1966年、連邦裁判所は有罪判決を破棄した。無罪となったサムが選んだ第二の人生は、なんとプロレスラーだった。逆境の際には肉体を駆使することがいいそうな。「医師になったのは父親に強制されたからで、私にはレスリングなどのスポーツのほうがずっと楽しい」と語る。

« 倭国の制度を理解することは難しい | トップページ | 天皇陛下ドタバタ会見 »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 倭国の制度を理解することは難しい | トップページ | 天皇陛下ドタバタ会見 »

最近のトラックバック

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30