無料ブログはココログ

« 恐怖のメロディ | トップページ | 谷三十郎の頓死 »

2009年12月11日 (金)

厄年、厄払い

   みくじ本にんじん刻むそばで読み

   来年の暦書が売られている。九星による運勢判断がある。生年により、一白水星、二黒土星、三碧木星、四緑木星、五黄土星、六白金星、七赤金星、八白土星、九紫火星に分けられる。また厄年と言って、その年齢になると厄難に遭うおそれが多いとされることから、身を慎む風習が日本にはむかしからある。地方によって違いがみられるが、一般的に厄年にあたる年齢は下記のとおり。

Img_0010

   なかでも、男性の42歳は「死に」に、女性の33歳は「さんざん」につながる大厄といわれる。大厄は前厄、本厄、後厄と3年間続くとされ、その厄難を避けるため厄除け祈願を行う風習がある。たとえば、神社に参拝したときに、普段使用している櫛やタオルをわざと落として厄と一緒に捨てる、という風習も地方によってある。節分に厄年の人が豆をまくのも厄払いのひとつである。また厄払いの風習に、本厄の正月に親戚を招いて行う、厄落としの宴というものがある。厄年は平安時代の貴族にも強く意識されたようで、『拾芥抄』によれば、13、25、37、49、61、85、99歳となっている。男女の厄年については、古来いろいろあり、確定的なものではない。『水鏡』序には、33、73歳も厄年としている。『源氏物語』「薄雲」巻で藤壺が37の厄年で崩ぜられ、「若菜」下巻では、「ことしは、三十七にぞなり給ふ。…さるべき御祈りなど常よりもとりわきて、今年は、つつしみ給へ」と紫上の三十七歳の厄年に対する源氏の心遣いがみえている。厄年の一年は身を慎むと同時に、祓や祈祷によって、災厄をまぬがれようとした。

   来年の大厄は男子は昭和44年生まれ、女子は昭和53年生まれである。ただし厄年の数え方は、月の満ち欠けで暦を作っていた陰暦の時代のものなので、数え年を用いる。つまり生まれた年を1歳として、新年になるたびに1歳ずつ加えて数える年齢である。また2月の節分以前に生まれた人は、その前年に生きた人と同じ本命星(九星)となる。

« 恐怖のメロディ | トップページ | 谷三十郎の頓死 »

「民俗」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 恐怖のメロディ | トップページ | 谷三十郎の頓死 »

最近のトラックバック

2018年6月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30