無料ブログはココログ

« トリビア来年どんな年? | トップページ | 「天地人」立川文庫の世界 »

2009年11月23日 (月)

百歳万歳

    今月の訃報には高齢の有名人が多かった。レヴィ・ストロース100歳、森繁久弥96歳、水の江滝子94歳。「棺を蓋いて事始めて定まる」というが、人間の成功、失敗、遇不遇は、その人の死後棺にふたをしてはじめていえることであろう。百歳まで生きたいと思うのは万人の願いであり、私は間違っているとは思わない。しかし、そこに一種いいようのない幼稚さを感じてしまうといったら、私は怒られるだろうか。

今年、松本清張、太宰治が生誕百年でブームとなった。死後もかわらず読まれている作家の代表であろう。来年、生誕百年を迎える有名人を調べてみた。つまり明治43年(1910年)生れの人である。

  まずは芸能界から。三益愛子(「流れる星は生きている」「母の曲」)、原駒子(「剣難女難」)、阿部九州男(「鳴門秘帖」「荒神山」)、黒川弥太郎(「南国太平記」「関の弥太ッペ」)、山村聡(「山の音」)、坊屋三郎(俳優)、松本白鸚(俳優)、アナベラ(「巴里祭」「ル・ミリオン」)、ジャック・ホーキンス(「ベン・ハー」「アラビアのロレンス」)、ジャン・ルイ・バロー(「天井桟敷の人々」)、デビッド・ニーブン(「天国への階段」「八十日間世界一周」)、バン・ヘフリン(「シェーン」)、レッド・スケルトン(「水着の女王」)、ジョーン・ベネット(「飾窓の女」)、シルビア・シドニー(「市街」「暗黒街の弾痕」)、ルイーズ・ライナー(「巨星ジークフェルト」「大地」)。文学歴史ではアヌイ(劇作家)、ジャン・ジュネ(作家)、レオ・レオニ(絵本作家)、白洲正子(作家)、村上元三(作家)、石上玄一郎(小説家)、保田與重郎(文芸評論家)、篠原梵(俳人)、艾青(中国の詩人)、小川環樹(中国文学)、白川静(漢字学)、宇野精一(中国哲学)、山本達郎(東洋史)、佐伯富(中国史)、羽田明(中国史)。
大庭秀雄(映画監督)、黒澤明(映画監督)、田中友幸(映画プロデューサー)、双葉十三郎(映画評論家)、安藤百福(実業家)、久野収(哲学者)、伊藤久男(歌手)、渡辺はま子(歌手)、西田修平(陸上競技)、木内信蔵(地理学)、大平正芳(政治家)、鈴木俊一(政治家)など。これらのかたがたは物故者である。
まど・みちお(詩人)、吉行あぐり(美容士)のように100歳を超えて元気な著名人の方は少ない。
  「死んだ子の年を数える」というが、もし早世した著名人が現在も生きていたら何歳になっているか考えることは無意味なことだろうか。ジョン・F・ケネディは来年で93歳になる。三島由紀夫は85歳、マリリン・モンローは84歳、チェ・ゲバラは82歳、ジェームズ・ディーンは79歳、アベベ・ビキラは78歳、ガガーリンは76歳、サッダーム・フセインは73歳である。みな若くして亡くなったものである。

« トリビア来年どんな年? | トップページ | 「天地人」立川文庫の世界 »

「世界史」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« トリビア来年どんな年? | トップページ | 「天地人」立川文庫の世界 »

最近のトラックバック

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31