無料ブログはココログ

« 洋画スターあの人は今 | トップページ | 産業革命と女流作家 »

2009年11月28日 (土)

楓橋夜泊

Photo

月落ち烏啼いて霜天に満つ(張継)

   月は西に没し、烏の啼く声がきこえて、満天霜をはらんで寒さがきびしい

桂樹の冬栄を麗とす(楚辞)

   桂の冬の寒気にもしぼまず青々と栄えるのをうるわしとする

一灯独り寒宵を守る

   一灯に対してさびしく寒い冬を送る

独り残灯を守って断編を理む

   独り夜明の灯に伴うて糸切れた書物を整理する

五更雁を聞き満林の霜

    夜明けに飛雁の声を聞いて霜の林に満ちるを推知する

閑日冬と雖も亦自ら長し(陸遊)

    冬の短き日といえども閑暇なれば長き心地がする

山峰月を染めて寒し(簡文帝)

独り釣す寒江の雪(柳宗元)

寒窓夢成らず(蘇東坡)

霜天酒を煖むる遅し(張宛丘)

冬来りて幽興長し(唐庚)

   冬がきてから殊に物静かなる興趣が深い

書燈茅屋静

   読書する冬の灯火は草屋に於て殊に静かである

山月夜窓寒し

   山より出でた冬の月は夜を照らして寒い

山鐘夜雪の時(鄭城)

   山寺の鐘が鳴るのは丁度夜の雪の降る時である

« 洋画スターあの人は今 | トップページ | 産業革命と女流作家 »

「漢詩」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 洋画スターあの人は今 | トップページ | 産業革命と女流作家 »

最近のトラックバック

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31