無料ブログはココログ

« 豊臣秀吉暗殺計画 | トップページ | 千姫を救出したのは直江兼続だったのか!?   »

2009年11月14日 (土)

腰麻痺ってどんな病気?

   TV「逃亡者」第20話「純血種」リチャード・キンブルは犬の牧場ではたらく。そこの犬の様子がどうもおかしい。キンブルは医学書を読んで「腰麻痺」であることに気づく。ところで「腰麻痺」ってどんな病気なのか知らなかった。家畜の病気。牛、馬、山羊、ヒツジなど。腰の運動が不自由になって、立つことができないほど腰が弱くなる。このとき多くは前あしには変化はなく、後あしだけが不自由になることが多い。これを腰麻痺という。病気の原因は指状糸状虫(フィラリア)が羊や山羊に寄生することによって、運動機能障害が現われる。腰麻痺の予防には駆虫薬を用いる。ヒツジや馬が腰麻痺をおこして、横たわると、体の下側になった所の皮膚が体重と床面との圧迫で、皮膚にとこずれができる。そしてここから細菌の感染がおこって敗血症で動物が死ぬ場合が多い。

« 豊臣秀吉暗殺計画 | トップページ | 千姫を救出したのは直江兼続だったのか!?   »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 豊臣秀吉暗殺計画 | トップページ | 千姫を救出したのは直江兼続だったのか!?   »

最近のトラックバック

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31