無料ブログはココログ

« 美しい初恋の思い出がする韓国の島々 | トップページ | いま空前の年下男子ブームなのか? »

2009年11月 5日 (木)

女流監督アイダ・ルピノ

Img_0015

    CSでデビッド・ジャンセンの「逃亡者」を放送している。何本か予約録画して見る。「仕組まれた情事」(Garden House)ロバート・ウェーバー、アイダ・ルピノと字幕で見つける。アイダ・ルピノ(1918-1995)は1940年代に活躍していた可愛い女優である。どこに出ているのかと楽しみにしていたが、出ていない。不思議だと思った。「虫けらの命」(Glass Tightrope)レスリー・ニールセン、エド・ビンズ、アイダ・ルピノと字幕にある。アイダ・ルピノは監督をしていたのだった。映画「ハイ・シェラ」などハンフリー・ボガートの相手役の妖艶な美女というイメージだったがテレビドラマの監督を多数している。ロンドン出身で父は有名なコメディアン、スタンリー・ルピーノ(1893-1942)。アイダ・ルピーノは歌もうたうし、監督もするという多才な女優だった。

« 美しい初恋の思い出がする韓国の島々 | トップページ | いま空前の年下男子ブームなのか? »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 美しい初恋の思い出がする韓国の島々 | トップページ | いま空前の年下男子ブームなのか? »

最近のトラックバック

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31