無料ブログはココログ

« 「天地人」立川文庫の世界 | トップページ | 南部坂雪の別れ »

2009年11月24日 (火)

剣豪とは何か

    「剣豪」とは「剣術の達人」と広辞苑にてでいるように今日、当たり前に使われる。例えば、塚原ト伝、宮本武蔵、上泉信綱、柳生十兵衛などの伝記を書くとき、「剣豪列伝」などと使かうのに重宝な言葉だ。ところが「剣豪」という語は、そんなに古くからある語ではない。立川文庫には出てこない。つまり明治、大正にはなく、おそらく昭和になってから流行したらしい。おそらく「剣豪」という言葉を誰が考案したかということを知る人はあるまい。

   一説によると流泉小史(りゅうせんしょうし)というあまり知られていない作家の独創であるという。本名は小原敏丸。岩手県の生まれ。流泉小史の著書に「剣豪秘話」「剣豪異聞」「新選組剣豪秘話」などがある。いまではなかなか手に入らない本だろう。作品は残らずとも、日本語を生み出し、それがあたりまえのように使われているとすれば、作家として大きな業績だと思う。

« 「天地人」立川文庫の世界 | トップページ | 南部坂雪の別れ »

「ことば」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 「天地人」立川文庫の世界 | トップページ | 南部坂雪の別れ »

最近のトラックバック

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31