無料ブログはココログ

« 穂北の久六 | トップページ | イタリア・ルネサンスの画家たち »

2009年10月10日 (土)

戦前における都市地理学の成果

    わが国で現代都市の研究が始まったのは、第一次大戦後の人口の都市集中、関東大震災後の復興などの社会変動が都市問題への関心をよび、東京市政調査会が大正14年に設立され、『都市問題』が創刊された頃からであろう。実証的調査に基づく学問的研究は、奥井復太郎(1897-1965)の『現代大都市論』(昭和15年)に結晶した。また小川琢治『人文地理学研究』(昭和3年)、小田内通敏『田舎と都会』(昭和9年)、国松久弥『経済地理学概説』(昭和10年)、西田與四郎『地文地理概説』(大正9年)などにもいくつかの新しい成果が示されている。

« 穂北の久六 | トップページ | イタリア・ルネサンスの画家たち »

地理」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 穂北の久六 | トップページ | イタリア・ルネサンスの画家たち »

最近のトラックバック

2019年3月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31