無料ブログはココログ

« 宿敵 | トップページ | アルブケルケのマラッカ征服 »

2009年10月27日 (火)

秋深き

    映画「秋深き」(池田敏春監督)を見る。園田競馬場とか近場の風景が楽しい。原作は織田作之助の短編。新婚まもない妻が乳がんで死ぬ話だが、お涙頂戴ものではなくて、そこは大阪の夫婦もの、「夫婦善哉」のような味をうまく映像で表現できている。八嶋智人と佐藤江梨子のコンビがいい。もちろん男性視聴者はサトエリをめあてに見るのだが、露出シーンを排除したことがかえって成功している。乳がんをあえて切除しなかったことは愚かしい行為なのだろうが、そのことは若い夫婦のいちずな愛が乳房に象徴されていていいシーンだ。佐藤浩市など大物スターが脇役で出演しているが、日本映画の今の底力を見たような気がする。

    織田作之助は最初の妻、宮田一枝を病気で亡くしている。一枝はカフェーの女給、映画のサトエリは一代でホステス。時代は現代に変更しているものの、原作者・作之助の体験も少しはうかがえるように思う。

« 宿敵 | トップページ | アルブケルケのマラッカ征服 »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 宿敵 | トップページ | アルブケルケのマラッカ征服 »

最近のトラックバック

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31