無料ブログはココログ

« 岸辺のアルバム | トップページ | 濹東綺譚にみる東京風物 »

2009年10月30日 (金)

帝政ロシアの南下政策と海峡通航権問題

C01 ダーダネルス海峡の要衝の町チャナッカル

    18世紀後半以降、不凍港を求めて南下政策をとるロシア帝国と、地中海に利害をもつイギリス、フランスなどが対立した。1829年ロシアはアドリアノープル条約によって、ボスフォラス、ダーダネルス両海峡の通航権の確保をトルコ側に認めさせた。そして1833年、ロシアとトルコ間で相互援助条約であるウンキャル・スケレッシ条約を結んだ。しかし、この条約の秘密事項に、ボスフォラス・ダーダネルス両海峡のロシア軍艦の独占通航権があるとして、イギリスは強く反発した。1840年のロンドン会議で両海峡はあらゆる国の軍艦の通航が禁止されていた。つまりウンキャル・スケレッジ条約はわずか数年で反故になった。そしてクリミア戦争はロシアの敗北に終り、パリ条約によって黒海沿岸地域が中立地帯とされて、ロシアはいっさいの軍事施設の撤去をよぎなくされ、一隻の軍艦も黒海に浮かべることができなくなり、南下政策は挫折した。1870年からの普仏戦争でナポレオン3世が失脚すると、ロシアは外交攻勢をかけてパリ条約を改定することに成功し、黒海艦隊を再建した。その後幾度かの変遷を経て、ようやく1923年のローザンヌ会議で両海峡の国際化および非武装化、ならびに、原則としていかなる国の商船、軍艦にも開放されることを内容とする海峡協定が締結されて一応の決着をみ、1936年の海峡制度に関するモントルー条約によって再確認された。

« 岸辺のアルバム | トップページ | 濹東綺譚にみる東京風物 »

「世界史」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 岸辺のアルバム | トップページ | 濹東綺譚にみる東京風物 »

最近のトラックバック

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31