無料ブログはココログ

« 濹東綺譚にみる東京風物 | トップページ | マティスとその仲間たち »

2009年10月31日 (土)

図書館は社会の未来をはぐくむ

Img_0015

    活字離れ、不景気などで本をめぐる状況が悪くなっている。かってどこの町にも小さな本屋さんがあったが、ここ数年、閉店が目立っている。もちろんチェーン化している大型書店はかなり儲けているが、もう本屋は小さな店では営業は成り立たないのだろうか。そんなときテレビ番組「エチカの鏡」で江戸川区篠崎町の書店の清水克衛さんのことが紹介されていた。彼は「本のソムリエ」といわれ、お客さんが全国から彼のオススメの本を教えてもらうために来店するという。そこの書店はベストセラーよりも、10年前、5年前に出版された本でも置いていて、お客の悩みにあった本をさがしてくれる。店員が本をよく読んでいて、その本の良いところを紹介するのである。もちろん図書館でも調査相談業務はあるが、個人的なメンタルな部分は業務外であろう。民間がその部分を行っているというユニークな試みが評価されているのだ。だがそのような個人的な努力されているかたもいるものの、本が売れないのもの事実であろう。学習雑誌の老舗「小学5年生」「小学6年生」も休刊するという。少女マンガ誌「ちゅちゅ」も休刊する。アイドル誌「KIDAI」(近代映画)も休刊した。当たり前に小さな書店の店頭にあった雑誌が消えていく。今、なにかが起こっているのだろう。

    図書館をめぐる状況も悪くなっている。図書館雑誌の最新号のデータによると、都道府県立図書館の資料費はグラフのように近年、急激に減少している。学術的な出版物を扱ういい出版社の経営はますます悪くなるだろう。専門書はやはり大学図書館、都道府県立図書館の予算が頼りになるからだ。図書館の人の問題も深刻だ。専任職員が減少して、非常勤、臨時職員が増えている。これは市町村の公立図書館でも見られる現象である。「本のソムリエ」の清水さんのように、本のことをよく知っている人が図書館にいてもらえたら、利用者はよく図書館に来館するだろう。たんに検索して蔵書があるのか、ないのか、ではなくて、さまざまな要求に、会話を通じて応えられるような専門性がいま図書館員にもとめられている。

    そのような厳しい環境であるが、今日、明治大学では米沢嘉博記念図書館がオープンする。マンガとサブカルチュアの専門のユニークな図書館である。2014年には「東京国際マンガ図書館」(千代田区猿楽町)も開館する予定である。

    図書館は名著と向き合い新たな自分を発見する場であるが、マンガも100年以上の歴史があり、ふるい作品にはなかなか出会えることはできない。図書館がもっとマンガを収集保存するべきだと思う。日本の出版物の半分以上はマンガや雑誌であり、海外にも多く流布している。ほとんどがそのとき出版されると数年後に入手しようとしても不可能なものばかりである。マンガや雑誌には時代を反映した情報や広告など総合的な文化が反映されている。公共図書館がマンガの収集に積極的でないことは私の図書館経験から実態を知っている。職場でも無理解な人が多くて呆れ果てた。いま少しずつではあるが図書館内でもその必要性に気づきはじめたようだ。

« 濹東綺譚にみる東京風物 | トップページ | マティスとその仲間たち »

「図書館」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 濹東綺譚にみる東京風物 | トップページ | マティスとその仲間たち »

最近のトラックバック

2018年1月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31