無料ブログはココログ

« 桐一葉 | トップページ | 池田満寿夫 »

2009年10月 3日 (土)

里の秋

Img_0014

   秋も日ごとに深まり、この頃になると幼い日のことがなぜか思い出されます。田舎で赤とんぼの大群を追いかけてみた夕焼けの空、稲刈り後の田んぼのにおい、叱られて泣いて歩いた田舎の道、なつかしさがこみあげてきます。そんなとき道草に咲いていた野の花を見る。聖書に「野の花がどのように育つのか、注意して見なさい。働きもせず、紡ぎもしない。栄華をきわめた時のソロモンでさえ、この花のひとつほどにも着飾ってはいなかった」とあります。

   ふと忘れかけていた聖句が甦ってきた。途絶えていた祈りを再び捧げる。今一度花を見る。花は肩をすくめ、無邪気に笑っている。見上げた空は青く、大きく、高かった。

« 桐一葉 | トップページ | 池田満寿夫 »

「キリスト教」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 桐一葉 | トップページ | 池田満寿夫 »

最近のトラックバック

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31