無料ブログはココログ

« がんばれ阪神タイガース | トップページ | 夜学の心の灯はいつまでも »

2009年10月 9日 (金)

長英逃亡

416pxtakano_tyouei

    江戸小伝馬町の牢獄で6年を過ごした蘭学者の高野長英(1804-1850)は、もはや忍耐の限界にあった。モリソン号事件では、「戊戌夢物語」を書き、これが致命傷になったのである。そのため幕府に逮捕され、永牢となり小伝馬町の牢屋につながれた。弘化元年3月の明け方、この牢屋敷から出火した。長英に買収された牢番の雑役夫が放火したが、牢火事の場合、囚人には「お切り離し」の制度があった。ただし3日限りだ。戻らなければ死罪となる。しかし長英はそのまま逃亡する。以来数年間にわたる逃亡生活がはじまる。水沢の老母を見舞って東北各地を歩き、また四国宇和島の伊達宗達の庇護のもとに1年、だが脱獄囚を追う指名手配は執拗に追ってきた。ついに顔面を硝酸で焼いて変身、江戸にまいもどった。沢三伯の変名で青山百人町に医院を開き、精力的に研究・翻訳をつづけた。しかし、嘉永3年10月末のある日、7人の捕吏に襲われ、十手で殴り殺された。一説にはみずから喉を貫いたともいわれる。

« がんばれ阪神タイガース | トップページ | 夜学の心の灯はいつまでも »

「日本史」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« がんばれ阪神タイガース | トップページ | 夜学の心の灯はいつまでも »

最近のトラックバック

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31