無料ブログはココログ

« インケツの政 | トップページ | ケルキラ島 »

2009年10月28日 (水)

金森長近と飛騨高山城

Kanamori

    金森長近(1524-1608)は織田信長に仕えて柴田勝家を寄親として各地を転戦、戦功を立てた。賤ヶ岳の戦いでは秀吉方につき、天正14年飛騨高山に3万8000石で入封。天正16年、天神山に高山城を着工。関ヶ原の戦いでは徳川方に属した。晩年は素玄と号し、茶人として知られる。6代目金森頼旹(よりとき)の元禄5年、高山は天領となる。代わって関東郡代が飛騨代官を兼ねたが、高山城の在番すなわち維持管理には、加賀藩主前田綱紀が命じられた。在番にはとほうもなく費用がかさむ。前田家はあの手この手で働きかけ、ようやく幕府から破却命令をえた。元禄8年に大がかりな破却作業が完了、高山城の姿は消えた。城に代わる高山陣屋は、金森家の下屋敷が改造して使われ、城内から稲荷神社や米蔵が移され、明治時代には飛騨県事務所などに利用された。ドイツの建築家ブルーノ・タウトは、陣屋としては日本でただひとつ残る高山陣屋をみて、「高山で興味をひいたのは、旧陣屋を改造した飛騨支庁の建物であった」とその日記に記している。

« インケツの政 | トップページ | ケルキラ島 »

「日本史」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« インケツの政 | トップページ | ケルキラ島 »

最近のトラックバック

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31