無料ブログはココログ

« チップス先生さようなら | トップページ | 北千島にとどまった最後の日本人 »

2009年9月27日 (日)

女子高生の噂話

Photo

   愛知県豊川市で昭和48年12月に起こった本当の話。女子高生数人が車内で自分達の就職先の話をしていた。豊川信用金庫が就職先としてどうであるかで盛り上がっていた。豊川信用金庫は愛知県豊川市に本店を置く信用金庫で、通称「かわしん」といい、現在も営業している。ひとりの女子高生は、からかいながら「豊川信用金庫は危ないよ」と話していた。これは強盗などに襲われることがあるという意味で言ったが、他の女子高生は、この話を家に帰って親にした。親は豊川信用金庫に預金があったため、急いで預金をおろした。この噂が小坂井町近辺に広がり、血相を変えた預金者が続々と押しかけた。そして、その行動が市内全体に広がり、短期間に約20億円もの預貯金が引き出されるとう取り付け騒ぎに発展した。事情を調査すると、もともとは単なる女子高生による噂話が火元であった。流言蜚語、デマの恐ろしさを物語る事件であった。

« チップス先生さようなら | トップページ | 北千島にとどまった最後の日本人 »

「日本史」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« チップス先生さようなら | トップページ | 北千島にとどまった最後の日本人 »

最近のトラックバック

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31