無料ブログはココログ

« 夏の図書館 | トップページ | ジェーン・バーキンという女性 »

2009年8月 9日 (日)

のりピー音頭と日本の夏

Photo

   花火大会、夏祭り、そしてお盆と日本の夏は本番を迎える。ところが日本は和風と洋風がごっちゃになった文化なので、なぜか違和感を感じるのもこの季節である。たとえばお坊さんがスクーターで袈裟をなびかせて檀家回りをする姿をみかけるが何かヘンな気がする。むかし勝新太郎や萩原健一が大麻で逮捕されたときは違和感を感じなかったが、のりピーと覚せい剤とはギャップがありすぎる。夫が逮捕されたとき、酒井法子に同情が集り、アジアでも大きなニュースとなったが、失踪から逃亡に変わり、のりピー逮捕という衝撃的な事件へと展開した。80年代アイドルのなかでも酒井法子は男の子に元気と感動を与えられる10年に1人という逸材の正統派アイドルだ。90年代には中国、韓国、台湾、香港でも人気者となり、玉の輿といわれた結婚、一児の母、まさに勝ち組の代表ともいえるアイドルに何があったのか知るよしもないが、日本の夏は本当にいろいろなことがある。

« 夏の図書館 | トップページ | ジェーン・バーキンという女性 »

「芸能・アイドル」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 夏の図書館 | トップページ | ジェーン・バーキンという女性 »

最近のトラックバック

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31