無料ブログはココログ

« 入江泰吉、古寺との出会い | トップページ | 戦後異色人物伝 »

2009年7月 6日 (月)

俵万智と金賢姫

Img

「この味がいいね」と君が言ったから七月六日はサラダ記念日

    22年前の昭和62年は俵万智の歌集「サラダ記念日」が280万部の大ベストセラーとなった年である。他に、村上春樹「ノルウェイの森」、安部譲二「塀の中の懲りない面々」などがある。映画では、伊丹十三(1997年没、享年64歳)監督の「マルサの女」、リヴァー・フェニックス(1993年没、享年23歳)主演の「スタンド・バイ・ミー」などが話題を呼んだ。芸能界ではマイケル・ジャクソン(2009年没、享年50歳)、マドンナの来日公演、郷ひろみ・ニ谷友里恵の結婚、そして戦後最大のスター・石原裕次郎が7月17日亡くなった(享年52歳)。昨日、東京の国立競技場で23回忌の法要が行われ、全国各地から11万人を超えるファンが集い、その根強い人気を証明した。そして昭和62年の最大の事件は金賢姫と大韓航空機爆破事件であろう。偶然にも俵万智と金賢姫は同年で当時24歳。現在46歳になる。金賢姫は今年の3月、田口八重子の長男、飯塚耕一郎と面会し、公の場に姿を見せた。美貌の工作員も結婚、出産と22年の女の人生を歩まれたが、その変わらぬ美しさとは別に拉致問題は依然として進展していない。こうして22年の歳月を振り返ると、人の世の無常と哀れさを知る。

« 入江泰吉、古寺との出会い | トップページ | 戦後異色人物伝 »

「日本史」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 入江泰吉、古寺との出会い | トップページ | 戦後異色人物伝 »

最近のトラックバック

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31