無料ブログはココログ

« 愛とサラン | トップページ | 若き日の真田幸村 »

2009年6月18日 (木)

人生の坂道

Photo

 道は登り坂でしょうか、どこまでも。
 そうです、最後の最後まで。
 旅はまるまる一日かかるのでしょうか。
 そうです、明け方から夜中までも、友よ。

   どんなひとの人生も坂道をのぼるようなものだろう。男も、女も、金持ちも貧乏人も、資本家も労働者も。現代社会は物質にめぐまれ、とりあえず餓死する人は我が国では稀である。(もちろんさまざまな事情で餓死する人もいる)だがすべての人が幸せかというとそうでもない。かなりストレスが多い社会だ。孤独に悩んでいる人も多い。崩壊する家庭もある。勤め先の企業で問題をかかえている人もいる。エピクロスは霊魂を騒がせる一切のものを排除しようと努め、まず公共の生活から引きこもることを説いている。エピキュリアンといえば人は快楽主義者と捉えているが、快(ヘドネ)こそが幸福な人生の出発点であり到達点である。

« 愛とサラン | トップページ | 若き日の真田幸村 »

「人生訓」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 愛とサラン | トップページ | 若き日の真田幸村 »

最近のトラックバック

2018年7月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31