無料ブログはココログ

« 猿丸太夫と二荒山神社 | トップページ | 宝塚に女性市長誕生 »

2009年4月20日 (月)

富士山と芸術家

Img_0006

    「不二霊峰」 横山大観 昭和11年頃

    富士山を描いた代表的名画としては葛飾北斎(1760-1849)の「富嶽三十六景」が有名である。36景というものの、じつは全部で46図もあるそうだ。近代美術でいうと、日本画家の横山大観(1868-1958)や洋画家の梅原龍三郎(18888-1986)が知られている。北斎、大観、龍三郎と何れも画風は大きくことなるものの、長命(北斎90歳、大観89歳、龍三郎98歳)であったことは共通する。霊峰富士を描くとご利益があるのだろうか。

« 猿丸太夫と二荒山神社 | トップページ | 宝塚に女性市長誕生 »

「文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 猿丸太夫と二荒山神社 | トップページ | 宝塚に女性市長誕生 »

最近のトラックバック

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30