無料ブログはココログ

« しょうべんするの由来 | トップページ | 江戸幕府の農民統制 »

2009年3月 3日 (火)

風樹の嘆

Phot0000000000011e17_500_0

    孔子が天下を周遊していたとき、道端で声を上げて泣いている皐魚という人物にであった。泣いているわけを訊ねると、自分が親元を離れて遊学している間に、親が死に、孝養を尽くせなくなったことを悲しんでいるのだと答え、次のような詩句を口ずさんだ。

 樹、静かならんと欲すれども、風止まず

 子、養わんと欲すれども、親待たず

樹木が静かにしていようと思っても、風が吹き止まない。子どもが親に孝養を尽くそうと思っても、親はいつまでも待ってはくれない。(だから、親が存命なうちに、せいぜい親孝行しなさい、という意味である。)(「韓詩外伝」9)

風樹とは風に吹かれて揺れる木のことであるが、転じて死んだ親を思うことを意味する。

« しょうべんするの由来 | トップページ | 江戸幕府の農民統制 »

「人生訓」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« しょうべんするの由来 | トップページ | 江戸幕府の農民統制 »

最近のトラックバック

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31