無料ブログはココログ

« へなちょこ商売が面白い | トップページ | 風樹の嘆 »

2009年3月 1日 (日)

しょうべんするの由来

    売買契約後に、売り方・買方のいずれかが不当にその契約を破ることを俗に「しょうべんする」という。これは「商変」つまり「あきない」を変更することから出たという説と、江戸の小便組に由来するという説がある。

   明和・安永(1764-1781)の頃、妾奉公に出た女がわざと寝小便をして暇をだされる、一種の詐欺行為が流行した。暇を出された女は素知らぬ顔をして、また新しい主人の床で寝小便をする。そしてまた追い出される。こうした稼業が実際にあり、江戸名物となって、小便組と呼ばれた。

 ここで三両かしこで五両とって垂れ

« へなちょこ商売が面白い | トップページ | 風樹の嘆 »

「ことば」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« へなちょこ商売が面白い | トップページ | 風樹の嘆 »

最近のトラックバック

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31