無料ブログはココログ

« ひとり好き | トップページ | 平成生まれのヒロイン誕生 »

2009年1月13日 (火)

美人局

Img_0002

  むかしある県で警察官の採用試験に美人局という問題を出したところ「電話交換局のこと」と答えた者が四五人もあったという。なるほどかつては会社や役所でも狭い部屋に何十人もの電話交換手の若い女性がいて、そこを覗くのが楽しみであった。美人局(つつもたせ)とは、夫のある女が夫となれあいで他の男と姦通し、姦夫から金銭などをゆすり取ることである。

   「美人局」の文字は「武林旧事」などに見えて、中国の元の頃、娼妓を妾と偽って少年などをあざむいた犯罪を「美人局(びじんきょく)」と言った。この文字に「つつもたせ」という語を充てたのである。「筒持たせ」は、もともと、博徒の言葉で、にせ物をつかませて詐欺をすることをさす。空洞の筒を中身のないにせ物と見立てたものであろう。筒は男子の性器を意味するとの説もある。

    落語の噺で、金に困った夫婦が「つつもたせ」を計画する。妻が色仕掛けで男を引っ張り込み、いざというところで、夫が飛び出して「間男見つけた、そこを動くな」と言って、金をゆすりとろうとというのである。そして、実行するのだが、夫が飛び出して「間男見つけた」というところを、「つつもたせ見つけた」と言ってしまう。

« ひとり好き | トップページ | 平成生まれのヒロイン誕生 »

「ことば」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ひとり好き | トップページ | 平成生まれのヒロイン誕生 »

最近のトラックバック

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31