無料ブログはココログ

« ハーデン・ヒッキーの夢 | トップページ | パリと裸の大将 »

2009年1月31日 (土)

洋画界の新世代スターは誰だ

Main_large

 公開中の映画「マンマ・ミーア」で花嫁ソフィアを演じているアマンダ・セーフライド(23歳)がキュートな笑顔で魅力的である。今もっともハリウッドで注目されている若手女優は誰だろう。ヤングスターの筆頭は「ハイスクール・ミュージカル ザ・ムービー」で数学の天才学生ガブリエラを演じているヴァネッサ・ハジェンズ。フィリピン人の母を持つエキゾチックな20歳。「ランド・オブ・ウーマン」のクリスティン・スチュワート、「不思議の国のアリス」のミア・ワシコースカは18歳。「ハードキャンディー」のエレン・ページは17歳。「キャンプ・ロック」のデミ・ロヴァートは16歳。マイリー・サイラス、セレーナ・ゴメスも16歳。「テラビシアにかける橋」のアナソフィア・ロブは15歳。

   実力派の若手女優では、「Lの世界」のキャサリン・メーニッヒ(31歳)。「ターミネーター・サラコナーズ・クロニックス」で女ターミネーターを演じるサマー・グロー(27歳)。「ストリート・ファイター」のクリスティン・クルック(26歳)。「ステップ・アップ」のジェナ・ディーワン(28歳)。「トランスフォーマー」のミーガン・フォックス(22歳)。「ドラゴンボール」のエミー・ロッサム(22歳)。

   だが最近、なぜか日本の洋画ファンが新人発掘をしなくなった。たとえば「小さな恋のメロディー」のトレイシー・ハイドや、「ロミオとジュリェット」のオリビア・ハーシーのような存在がいなくなった。この中から一人でも日本での人気スターが現われるだろうか。

Photo_3

                   エレン・ページ

« ハーデン・ヒッキーの夢 | トップページ | パリと裸の大将 »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ハーデン・ヒッキーの夢 | トップページ | パリと裸の大将 »

最近のトラックバック

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30