無料ブログはココログ

« ジェマ・クレーブンの「シンデレラ」 | トップページ | 裸体表現の自由と映画芸術 »

2009年1月22日 (木)

あれから14年

Hansin01

1月21日早朝に放送されたNHKのニュース番組での小さなお話。

    神戸市長田区の写真屋Aさんは震災でお店が全壊した。すでに60歳を超えていたAさんは店の再建を断念した。手許には1月17日の数日前に撮った成人式の晴着姿の記念写真があった。Aさんはノートを頼りに14年間、現住所を調べて記念写真をお客様に届けた。だが14年たった今も行方のわからない写真が2枚あった。それも今年Aさんの努力が実ってようやく振袖姿の写真を渡すことができた。14年後に受け取った女性の喜びはどんなであろうか。その女性は受け取り書を今も大切に保管していたという。当たり前の話で小さな話だが視聴者にも大きな感銘が伝わってくる。写真屋Aさんのほっとした表情がなにより印象的であった。

« ジェマ・クレーブンの「シンデレラ」 | トップページ | 裸体表現の自由と映画芸術 »

「経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ジェマ・クレーブンの「シンデレラ」 | トップページ | 裸体表現の自由と映画芸術 »

最近のトラックバック

2018年12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31