無料ブログはココログ

« ときには肩の力を抜いて | トップページ | イケメン・パラダイス »

2008年12月30日 (火)

切ナイ恋物語「恋空」

20060714

 

    東宝映画「恋空」(2007)は興行成績39億円の大ヒットとなった。原作は美嘉の実話風ケータイ小説。大人からみると純愛物とは言い難い衝撃的な内容もあるが、映画を観たさわやかさは、すべて主演女優の新垣結衣の清潔感からくるものであろう。翌年にはテレビ版で水沢エレナが田原美嘉を演じた。新垣結衣が泣く表情、笑う表情、すべて天然のもので業とらしい演技ではない。素のままの表現が見る者を自然に感動させるのである。新垣結衣という魅力ある新人スターによってこの映画「恋空」は成功した。また小説も書き出しがすべてである。

 

もしもあの日君に出会っていなければ

 

こんなに苦しくて

 

こんなに悲しくて

 

こんなに切なくて

 

こんなに涙があふれるような想いはしなかったと思う。

 

けれど君に出会っていなければ

 

こんなにうれしくて

 

こんなに優しくて

 

こんなに愛しくて

 

こんなに温かくて

 

こんなに幸せな気持ちを知る事もできなかったよ…。

 

涙こらえて私は今日も空を見上げる。

 

空を見上げる。

« ときには肩の力を抜いて | トップページ | イケメン・パラダイス »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ときには肩の力を抜いて | トップページ | イケメン・パラダイス »

最近のトラックバック

2024年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30