無料ブログはココログ

« 幕末の尾張藩 | トップページ | 帰らざる旅路 »

2008年10月12日 (日)

「秋」 リルケ

Photo_2

            

樹の葉が落ちて来る

何処か遠くから落ちて来るみたいだ

遠い天上の庭で

樹々が末枯(すが)れているのかもしれぬ

なんだかみんな

否(いな)むような素振りをしながら落ちて来る

重いこの地球も

こうして夜ごと

すべての星たちの間から

孤独の中に落ちてゆく

われわれはみな落ちてゆく

ほら、この手だって落ちる

凝(じ)いっと他のものを見て見給え

これがすべてのものの運命なのだ

だが何処かに

こうしてすべてが落ちてゆくのを

無限にやさしく

その手に受け止めているものがある

            リルケ (1875-1926)

                            山口四郎訳

« 幕末の尾張藩 | トップページ | 帰らざる旅路 »

「世界文学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 幕末の尾張藩 | トップページ | 帰らざる旅路 »

最近のトラックバック

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30