無料ブログはココログ

« ターゲ・アンデルセン | トップページ | 綾小路麗子 »

2008年9月 7日 (日)

尾張徳川家の菩提寺・建中寺

Photo

   建中寺三門  名古屋市指定文化財

    尾張徳川家の菩提寺で知られる建中寺(浄土宗)は名古屋市東区にあり、筒井町周辺は門前町として早くから発展し、大正4年に市電が名古屋駅から平田町まで延びると、周辺に商店街が立ち並び繁昌していた。

    建中寺は慶安4年(1651)に第2代尾張藩主徳川光友(1625-1700)が父である第1代藩主徳川義直(1601-1650)の菩提を弔うために建立し、江戸時代を通じて歴代尾張藩主の廟が置かれた。画像の建中寺三門は創建当時の建築物で、名古屋市指定文化財になっている。三門とは、空門、無相門、無願門の三解脱門の意味を持つ。仏教の覚りの境地を表すものである。

« ターゲ・アンデルセン | トップページ | 綾小路麗子 »

「日本史」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ターゲ・アンデルセン | トップページ | 綾小路麗子 »

最近のトラックバック

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31