無料ブログはココログ

« ロードショーの廃刊 | トップページ | カントの人間論 »

2008年9月12日 (金)

ティ・アーモからはじまった恋

Img_0006

   イングリッド・バーグマンがロサンゼルスの小さな映画館でイタリアの鬼才ロベルト・ロッセリーニ監督の「無防備都市」を見たのは、1948年の春、彼女32歳の時だった。その後、こんどはニューヨークで「戦火のかなた」を見てバーグマンはたいそう感動して、ロッセリーニ宛てに一通の手紙を書いた。

「親愛なるロッセリーニ様、私はあなたの映画をたいへん楽しく拝見しました。もしスウェーデンの女優が必要でしたら、私は出かけて行き、あなたと映画をつくる用意があります。私は英語はたんのうで、ドイツ語も忘れておりませんが、フランス語はまったく忘れ、イタリア語で知っているのは「Ti Amo」(ティ・アーモ)あなたを愛する、だけです。尊敬をこめて、イングリッド・バーグマン」

    バーグマンが「ティ・アーモ」という言葉を知っていたのは、映画「凱旋門」(1948)の彼女のセリフがあったからだ。運命は数ヵ月後に彼女をローマに運んで、バーグマンとロッセリーニは恋に落ちた。

« ロードショーの廃刊 | トップページ | カントの人間論 »

「恋愛」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ロードショーの廃刊 | トップページ | カントの人間論 »

最近のトラックバック

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30