無料ブログはココログ

« エリザベス・ギャスケル「女だけの町」 | トップページ | まぼろしの2008年大阪オリンピック »

2008年8月 2日 (土)

シャガールとベラ

Img_0006_2

  シャガール 「町の上の恋人たち」(1917-18)

    マルク・シャガール(1887-1985)は、21歳の時、故郷のヴィテブスクに帰った。そこで裕福な宝石商の娘ベラ・ローゼンフェルト(当時13歳)と運命的に出会う。二人は、恋に落ち、反対をおしきり、28歳のときの1915年3月、結婚する。シャガールはベラとの出会いを「美の神が舞い降りてきたかのようだった」と回想している。翌年には娘イダが生まれ、2年後にはロシア革命が勃発している。だが、シャガール夫妻はアメリカ滞在中の1944年9月、ベラはウィルスに感染して亡くなる。シャガールは創作活動もできないほど落ち込んだが、1952年、ヴァランティーヌ・ブロツキーと再婚する。だが最初の妻ベラは最愛の伴侶であり、霊感の最大の源泉だった。

« エリザベス・ギャスケル「女だけの町」 | トップページ | まぼろしの2008年大阪オリンピック »

「文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« エリザベス・ギャスケル「女だけの町」 | トップページ | まぼろしの2008年大阪オリンピック »

最近のトラックバック

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30