無料ブログはココログ

« 少女漫画と女流作家 | トップページ | ベアトリーチェとマノン »

2008年8月19日 (火)

亀嵩と方言周圏論

Img_0005

 ズーズー弁の分布 東篠操編「日本方言地図」音韻分布図(金田一春彦作図)

   むかし民俗学の柳田国男は「かたつむり」(蝸牛)の方言が東北地方の北部と九州でツブリであり、関東や中国でカタツムリ、中部や四国でマイマイ、そして京都を中心とする近畿地方で、デデムシのように分布することを発見し、これによって、かつて蝸牛の方言がナメクジ→ツブリ→カタツムリ→マイマイ→デデムシのように変化し、それぞれが東西または南北へ放射されたと推定した。柳田の仮説を後の学者は方言周圏論と名づけたが、よくわからないところも多い。語彙には認められるものの、音、アクセントにはあてはまらないとする説もある。

   東北地方の方言の特徴は、「し」と「ず」、「ち」と「つ」、及び「じ」「ず」「ぢ」「づ」の区別をつけないので、「ズーズー弁」と言われることが多い。歴史的経緯から近畿地方の古い語彙は地方に残っていることが多いといわれる。近畿地方から遠く離れているはずの東北地方で古語が残っていることは一般的に知られているが、出雲弁、安来弁、米子弁といわれる雲伯方言にも東方地方の方言との類似性が高いことが国立国語研究所などの調査で明らかになった。これを推理小説の犯人捜査に上手に取り入れたのが、松本清張の「砂の器」である。東京蒲田操車場で殺害された被害者の東北弁「カメダ」から、島根県亀嵩(かめだか)を探し出した。当時は仁多町だったが、2005年に奥出雲町に変更している。しかし、この亀嵩という地名は小説、映画などで相当に知られており、奥出雲よりポピュラーな地名ではないだろうか。「この亀嵩の位置は、鳥取県の米子から西の方に向かって宍道という駅がある。そこから支線で木次線というのが、南の中国山脈の方に向かって走っているのだが、亀嵩はその宍道から数えて十番目の駅だった。亀嵩の地形はまさに出雲の奥地である。たった今、国語研究所で見せてもらった資料のズーズー弁の使われている地方のどまん中だった」(「砂の器」)

   町には湯野神社があり、「風土記」に「湯野、小川、源出玉峰西流云々」とあり、亀嵩の旧地名であろう。

« 少女漫画と女流作家 | トップページ | ベアトリーチェとマノン »

「民俗」カテゴリの記事

コメント

この地図にはないですが、愛媛の大洲市の旧町内あたりも平板アクセントになってる地図を見た事あります。
江戸初期に加藤氏が米子から来た際に、町人も一緒に入植したのかも知れません。長浜は広島と言うか山口弁が混ざってます。

この地図にはないですが、愛媛の大洲市の旧町内あたりも平板アクセントになってる地図を見た事あります。
江戸初期に加藤氏が米子から来た際に、町人も一緒に入植したのかも知れません。肱川下流の長浜では違います。広島と言うか山口弁が混ざってます。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 少女漫画と女流作家 | トップページ | ベアトリーチェとマノン »

最近のトラックバック

2018年8月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31