無料ブログはココログ

« 「天地人」の最上義光に注目 | トップページ | オグシオ準々決勝へ »

2008年8月10日 (日)

接骨木の花

Img_0006

   ニワトコは芽だしが早く、独特の樹形なので早春の野山でよく目立つ。昔から日本人にはなじみの深い樹木のひとつ。庭などにもよく植えられる。スイカズラ科の落葉低木。別名をセッコッボク(接骨木)という。枝や幹の黒焼きは骨折、打ち身などの薬になるといわれ、接骨木という漢語が当てられたのであろう。枝先に緑がかつた白い小さな花を集めて咲く。実は7月ごろ赤く熟してかわいらしい。

 接骨木はもう葉になって気忙しや

                                           (富安風生)

 接骨木の早や整へし花の数

                                           (井上波二)

« 「天地人」の最上義光に注目 | トップページ | オグシオ準々決勝へ »

「自然・科学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 「天地人」の最上義光に注目 | トップページ | オグシオ準々決勝へ »

最近のトラックバック

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31