無料ブログはココログ

« 赤いフリージア | トップページ | 嵯峨野・化野念仏寺 »

2008年8月21日 (木)

古代エジプト王妃メリトの宝飾品

Img_0006

                 王妃メリトの首飾り

   王妃メリトは古代エジプト第12王朝のセンウスレト2世の娘であり、センウスレト3世(在位前1874-前1855)の妻であった。1894年、ジャック・ドゥ・モルガンがダハシュールのセンウスレト3世の煉瓦ピラミッドの北側の王妃メリトの地下回廊から発見した宝飾品2点を紹介する。

    首飾りは墓から発見された金、ラピズ・ラズリ、紅玉髄、トルコ石などのビーズから復元されたものである。ペンダントは8個のトルコ石、5個の紅玉髄、5個のラピズ・ラズリからなり、各々の貴石は底部で交差する2本の金線でカゴ状に包まれ、上部は金箔の管玉とつながっている。これらの管玉の上端は輪になり、同じ様に金のビーズ玉にペンダントを下げるようになっている。留金となる部分はカゴとその上に「アンク」の文字、両側に二つのサアの文字からなることばをデザインしている。その意味は「全ての保護と生命」である。

Img_0007

              王妃メリトの貝形ペンダント

   金製で、紅玉髄、碧玉、トルコ石の象嵌がある。全体の形は真珠貝をかたどっており、中心の蓮の花から様式化された花弁がのび、逆V字で終って七宝細工のデザインが施されている。(「古代エジプト展」1978、京都市美術館)

« 赤いフリージア | トップページ | 嵯峨野・化野念仏寺 »

「文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 赤いフリージア | トップページ | 嵯峨野・化野念仏寺 »

最近のトラックバック

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30