無料ブログはココログ

« ベター・ハーフ | トップページ | 初代泉尾教会長・三宅歳雄 »

2008年7月14日 (月)

列車食堂・みかど食堂と後藤鉄二郎

Photo

   日本初の列車食堂を経営したのは、神戸駅構内に誕生したミカドホテルの経営者・後藤勝造である。後藤新平が逓信大臣をしていた関係で、新平と親しかった回漕業者の勝造は主として鉄道方面の事業としてホテル経営を明治30年にはじめ、丸マ通運、やがて列車食堂の「みかど食堂」を経営する。二代目の後藤鉄二郎(1868-1940)はさらに事業を拡張し、日本一の列車食堂となった。三代目は後藤泰助。現在の日本食堂、日本レストランエンタプライズの源流となる。

« ベター・ハーフ | トップページ | 初代泉尾教会長・三宅歳雄 »

「日本史」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ベター・ハーフ | トップページ | 初代泉尾教会長・三宅歳雄 »

最近のトラックバック

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31