無料ブログはココログ

« 新東宝メロドラマ | トップページ | 不遇の作家人生 »

2008年6月15日 (日)

人間とは何か

Img_2
 札幌五輪で
転倒しても笑みを絶やさなかった

   人間とは何か。いきなりそう問われても、思わず戸惑いを感じるだろう。そのように、人間は人間でありながら、人間をよく知らないのである。知らない、というより、まだ本気になって考えことがない、という人のほうが多いかもしれない。はたして、そのままでいいのだろうか。

   砂の上に家を建てた人の話を聞いたことがあるだろう。立派な家を建てたつもりでいたのに、風が吹き、大雨が降ると、倒れてしまった。しかし、岩の上に建てた家は決して倒れなかった。

   人生には二つの生き方がある。第一は、自分という小さくて不確かな存在の上に家を建てる生き方。第二は、揺ぎなく変わることのない土台の上に家を建てる生き方。自分が生まれてきた意味を確認し、目的を持って歩む人生である。

   ケペルはクリスチャンではないが、たまには近くの教会へ行く。いわば他流試合の道場破りの武芸者の気分で。岩間洋牧師の話は、「ローマの信徒への手紙 第5章」だった。

このように、わたしたちは信仰によって義とさせられるのだから、わたしたちの主イエス・キリストによって神との間に平和を得ており、このキリストのお陰で、今の恵みに信仰によって導き入れられ、神の栄光にあずかる希望を誇りにしています。そればかりではなく、苦難をも誇りとします。わたしたちは知っているのです。苦難は忍耐を、忍耐は練達を、練達は希望を生むということを。希望はわたしたちを欺くことがありません。わたしたちに与えられた聖霊によって、神の愛がわたしたちの心に注がれているからです。実にキリストは、わたしたちがまだ弱かったころ、定められた時に、不信心な者のために死んでくださった。善い人のために命を惜しまない者ならいるかもしれません。しかし、わたしたちがまだ罪人であったとき、キリストがわたしたちのために死んでくださったことにより、神はわたしたちに対する愛を示されました。それで今や、わたしたちはキリストの血によって義とされたりですから、キリストによって神の怒りから救われるのは、なおさらのことです。敵であったときでさえ、御子の死によって神と和解させていただいたのであれば、和解させていただいた今は、御子の命によって救われるのははなむけです。それだけではなく、わたしたちは神を誇りとしています。今やこのキリストを通して和解させていただいたからです。

   聖書の正しい解説はケペルにはできない。ただ「人間とは何か」「幸福とは何か」「希望とは何か」を考えていので、牧師から有益な示唆を与えていただいた。「苦難は忍耐を、忍耐は練達を、練達は希望を生む」という聖句である。つまり、苦難を感じるのは人間の心の中であり、希望を感じるのも人間の心の中である。苦難、希望、喜び、すべては、己自身の心中、つまり今生きている人間、自分が存在するゆえである。冒頭の「砂上の楼閣」の話で、神への信仰を基盤とする建物であれば、幸せな人生を送る力となる、という教えであろう。宮本武蔵のように「我、神仏を信ぜず」といった(ドラマの中でのセリフだが)のような生き方も雄雄しいものであるが、やはり滅びの道に歩むものである。

« 新東宝メロドラマ | トップページ | 不遇の作家人生 »

「キリスト教」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 新東宝メロドラマ | トップページ | 不遇の作家人生 »

最近のトラックバック

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30