無料ブログはココログ

« 人間とは何か | トップページ | 歌人・原阿佐緒と原保美 »

2008年6月15日 (日)

不遇の作家人生

Img_3

   イギリス国民が世界で最もすぐれた作家を生み出した大きな理由の一つは、イギリスの社会が生前に作家を虐待し、死後に作家を育成したからです。(キーツ書簡集)

   ジョン・キーツ(1795-1821)は、シェリー、バイロンと並ぶ後期ロマン派の詩人である。代表作「エンディミオン」に対する酷評に大きく傷つけられた。ローマで不遇のうちに25年の生涯を閉じた。キーツの評価は、19世紀を通じて徐々に高まっていった。

« 人間とは何か | トップページ | 歌人・原阿佐緒と原保美 »

「世界文学」カテゴリの記事

コメント

Great work!
[url=http://czejqhfd.com/nzyl/amoe.html]My homepage[/url] | [url=http://dgwpxxns.com/rqdb/doje.html]Cool site[/url]

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 人間とは何か | トップページ | 歌人・原阿佐緒と原保美 »

最近のトラックバック

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31