無料ブログはココログ

« 19世紀ドイツ写実主義 | トップページ | 富士山の植物 »

2008年6月27日 (金)

グラジオラス

Img_0001

   夏の庭を飾る花のなかでも、その華麗な花姿でひときわ目を引くグラジオラスは、世界中で3万を超すという園芸品種が作出されている。その原種は、熱帯および南アフリカを中心に250種以上が分布し、これらの植物がアヤメ科グラジオラス属と総称される。

   イギリスでは16世紀から栽培され、本格的な園芸化は18世紀中頃から始まった。19世紀には、ベルギーの園芸家によって、さまざまな花色が組み合わさったナターレンシス種と、白やピンクの花を咲かせるオッポシティフロルス種の交配に成功。この交配種から大きな花を多数つける豪華な花姿をもち、7~9月に花を開く夏咲き系統の品種が誕生した。以来、多くの育種家が改良を行い、12種をおもな交配親として、より優美な花姿や多彩な花色をもつ品種が多数咲く出されてきた。

« 19世紀ドイツ写実主義 | トップページ | 富士山の植物 »

「自然・科学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 19世紀ドイツ写実主義 | トップページ | 富士山の植物 »

最近のトラックバック

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31