無料ブログはココログ

« グラジオラス | トップページ | 大久保利通の業績は? »

2008年6月27日 (金)

富士山の植物

   富士山の植物の種類は豊富で、900種以上の種子植物、190種以上のシダ植物、70種以上の蘚苔類、200種以上のキノコ類がみられる。しかし、新しい火山のため地形が単純で土壌化も進んでおらず、珍しい植物は少なく、高山でありながらハイマツもない。整然とした植物の垂直分布がみられる。常緑広葉樹を主とする山麓帯は海抜500メートル以下で、アカガシなどが多いが、ほとんど農地になっている。1600メートル以下はブナ・ミズナラなどの落葉広葉樹を主とする山地帯、2500メートル以下はシラベ・コメツガなどの針葉樹を主とする亜高山帯で、カラマツやダケカンバも多い。これ以上は高山帯で、安定した所には低木状のダケカンバ・カラマツ・ミヤマハンノキ・コケモモなどが、不安定な砂地にはオンタデ・イワオウギ・ミヤマオトコヨモギなどの高山植物がみられるが、植物の種類は少ない。高等植物は約3400メートル以下に分布し、頂上には火口壁を中心にフジサンギボウシゴケなど24種のコケ類がはえている。なお、溶岩流れに成立した青木ヶ原の天然林は樹海として、忍野のハリモミ純林は世界にもまれな林として有名。(引用文献:「原色現代新百科事典」学研)

« グラジオラス | トップページ | 大久保利通の業績は? »

「自然・科学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« グラジオラス | トップページ | 大久保利通の業績は? »

最近のトラックバック

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31