無料ブログはココログ

« ビューンと飛んでく鉄人28号 | トップページ | 月が笑うぞ三四郎 »

2008年6月 1日 (日)

アンヴァリッドとナポレオン

Img_0005

  セントへレナ島のロックウッドハウスの居間復元Img_0003

                 アンヴァリッドの落成

   大西洋の孤島セント・ヘレナで英雄ナポレオンが1821年に没したとき、その遺言には「セーヌのほとりに埋めてほしい」と書かれてあった。ナポレオンの遺骸は1840年にようやくパリに帰ってきて、市内の教会に安置されたが、1861年にアンヴァリッド廃兵院に葬られた。

   アンヴァリッドは「朕は国家なり」で知られる、かの太陽王ルイ14世によって1676年に建てられ、のちドーム教会も1706年に竣工した。戦傷者の療養所として使われてきたが、現在は軍事博物館・ドーム教会として軍人の霊廟となっている。日本でいえば靖国神社に相当する。フランス革命勃発時には、民衆が武器を求めて襲撃の対象となったが、今日アンヴァリッドに対する批判的な声は聞かない。すべて見てまわるのに、まる一日は充分にかかるであろうこの博物館は、軍事関連の歴史博物館として、ヨーロッパでも最大といわれている。なかでもナポレオンの柩が最も有名であるが、ナポレオンにまつわる品々が数多く展示されている。

Img

              ナポレオンの柩

Img_0004

         ナポレオンのデスマスク

« ビューンと飛んでく鉄人28号 | トップページ | 月が笑うぞ三四郎 »

「世界史」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/111590/21325882

この記事へのトラックバック一覧です: アンヴァリッドとナポレオン:

« ビューンと飛んでく鉄人28号 | トップページ | 月が笑うぞ三四郎 »

最近のトラックバック

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31